O S = X P の 継 続 使 用

OSをXPのまま使い続けるには!!XP継続使用

(1) OSをXPのまま使用する場合の懸念点

@ マイクロソフトのメンテナンスが、終了しておりセキュリティが心配。
A XP搭載のパソコンが古く、故障する危険性が高い。
B XPのパソコンは、市販されていないので調達できない。
  など

(2) XPを継続使用する理由例

@ 使用している業務ソフトが、XPしか対応していないため。
A 新OS対応ソフトへ変更時には、業務停止が必要なため。
B 新OS対応ソフトが高価で、費用対効果が良くないため。
C 現状のXP仕使用で、業務上の問題はないため。

(3) XP継続使用するための対策(パソコン)

XP搭載パソコンは、約10年以上前の製品である。
ハードディスク・電源・マザーボードなどの主な部品は、期待寿命値を迎える状態である。
よって、OSがXPを使い続ける為には、新しいパソコンへXPを移植するなどの対策が必要になる。

T.新しいパソコンへXPを引っ越す方式
U.XPのハードディスクのみをSSDへ移す方式

(4) XP継続使用するための対策(ネット)

XPに対応したセキュリティ対策ソフトは、数社しかない。現状、対策なしのお客様が多い。
危険性が高いので、ネットを遮断する又は数社のXPセキュリティ対策ソフトを搭載する必要がある。

V.XPと新OSのデュアルブート方式
W.XP対応のセキュリティソフトの搭載する方式

※ 今後もXPを続ける場合は、昭和堂へご相談をお願いします。

  トップページに戻る